立山水道。

いい水は、いい旅をしてやってくる。
それは、北アルプス立山連峰に降り積もる雪からはじまります。
真夏でもひんやり冷たい雪どけの水は、山麓の木々に浄化され、標高三千メートルの急峻な地中を流れ下りてくる間に酸素とミネラルをバランスよく含みます。
この、雄大な自然の旅路が、おいしさの秘訣。
富山では、このおいしい水をいつでも飲むことができるのです。
源流から旅してきた水を、最新の水処理システムによって自然のおいしさのまま、さらにクリアにします。

立山の水「さらら」。
ここ、水の国で、生まれました。

写真:雄山

TOP